「様々なタイプのあるオフィス賃貸」では、是非とも知っておきたいオフィス賃貸情報をご案内しています。
豊富なお役立ちコンテンツをまずはご熟読ください。

例えば、なかなか借り手がついていない物件、フロアの形状が変わっていて使いにくい物件、景観が不出来な、採光が粗果などのワケあり物件は交渉の余地あり。不動産によるのですが敷金・礼金・保証金が必要になります。

後は不動産への手数料なども必要になります。事務所物件の賃料交渉は、住宅よりも一般的に行われています。

オフィス賃貸を借りるには、住宅を借りるのと同じです。「坪単価を1000円下げられませんか?」「保証金、3か月になりませんか?」と交渉してみましょう。

開発系なのか営業系なのか、web系なのかシステム系なのか等によって、物件選びのニーズは変わるはずであるし、オーナーにもきちんと事業内容を説明しないと、安易に、ただ「IT系です」といっても、うさんくさく思われ、すっきり審査落ち、というケースもあるので注意しましょう。オフィス賃貸を借りる際、多くの方は初期費用の高さに驚かれる事と思いますが、ここでなるべくコストを抑える方法として、ビルオーナーと直接交渉するという方法もあります。

満室(またはそれに目前状態)がビルオーナーの収益の最大値であるから、空室が増える可能性のある(リスクのある)テナントはなるべく入居させたくないというのが、本音でしょう。オフィスビルに貸事務所を借りる場合、オーナーは事業内容を気にする傾向が高く、入居審査はテナントの収益のみならず事業内容やビジネスモデルなどを踏まえて行われるケースがほとんどです。


ページ上部へ戻る